事務系の派遣社員〜体験談〜

経理事務や医療事務、貿易事務などさまざまな「事務」があります。あなたなら、どんな「事務」をイメージしますか? ここではちょっと特殊な事務、データ入力のお仕事についてです。派遣社員というものがリアルに再現できるよう、実際に体験した内容となっています。 データ入力は、事務とはかけ離れたものだと感じています。

登録という名の「試験」

入力テスト

今回の派遣元は、派遣先からの100%出資で設立された・・・いわば子会社。そのため、派遣会社への登録と同時に「顔合わせ(面接)」が行われました。これは極めて希なケースで、数社の派遣会社を渡り歩く私にとっても初めての出来事です。

会場に着くなり登録が開始・・・というよりも、試験が開始されました。まずはペーパーテスト・・・学力テストに一般常識、適正検査といったものが次々と行われます。続きまして、パソコンのテスト。登録(試験)会場に用意された5台ほどのパソコンに、順番で打ち込み作業をしていきます。

それらの試験が終わりホッとするのも束の間、待ち受けていたのは「顔合わせ」という名の「面接」です。派遣元の担当者はもちろん、派遣先の担当者や部署責任者なども顔を揃えていました。登記簿謄本のデータ入力というだけに、守秘義務を全うできるか・・・という質問が多かったような気がします。また、私の転職回数が気になったのか「すぐに辞めない?」とも聞かれました。この質問、面接を受けるたびに言われるので慣れっこです。

そんなこんなで顔合わせ(面接)も終わり、登録作業が全て終了しました。あとは結果を待つのみです。

採用〜仕事開始

後日、採用という連絡が入りました。応募者の多さと採用人数の少なさから、まず無理だ・・・と思っていたのでとても嬉しかったです。数日後、入社の手続き(守秘義務の誓約書など)があるため、1度会社へ行くことに。そこで、同じく採用された2名と会うこととなりました。「よろしくね」と声を掛け合い、とても良い雰囲気です。手続きが終わった数日後、さっそく仕事が始まりました。どうやら、この派遣先は「オール派遣社員」という体制のよう。しかし、派遣元が派遣先の子会社ということもあり、他の会社に比べると「派遣社員」という感覚は薄く感じました。

しかし、周囲を見渡すと・・・男性の姿が見当たりません。そう、オール派遣社員ならぬ「オール女性」なのです。そのせいか、社内にはピリピリとした空気が漂っていました。女性特有の「派閥(グループ)」もありそうな雰囲気です。案の定、仕事がスタートして数日後にはそれぞれの悪口を聞かされるはめに。これに便乗するといいことがないので、「へぇ〜」や「ふ〜ん」と軽く合わせる程度に留めます。このように、決して雰囲気のいい職場・・・とは言えませんでした。

仕事内容

データ入力

登記簿謄本をデータベース化する・・・というのが、ここでの仕事でした。登記簿謄本の旧字や年号などをチェックする「原作(原稿作製)」やそれに基づいた「入力」、原稿と入力画面を照合する「移確(移行確認)」といった作業が行われます。登記簿謄本を地区毎に分類して、それを各チームが処理していく・・・という面では「流れ作業」とも言えるでしょう。

それにしても、登記簿謄本の複雑さには驚きました。なんせ、古いものは明治時代まで遡ります。今ある漢字ですらギリギリなのに、昔の漢字となると・・・全く読むことが出来ません。また、入力に使う機械は「特殊なコンピューター」とでも言いましょうか・・・とにかく、普通のパソコンとは異なります。

はじめはとても大変でしたが、慣れてくるうちに楽しい作業となりました。また、移確の作業はとにかく眠い・・・何度船を漕いだことか。データ入力とは言っても、簡単なものではありませんでした。

時給や待遇

ここの時給は1,250円・・・はじめは「高い」と思っていましたが、実際に働いてみて「妥当」に思えてきました。ちなみに、事務系派遣社員の平均時給は1,000円・・・って考えると高い時給かも知れません。また、休み時間が充実していました。45分の勤務に対して15分の休憩、しかも「勤務時間」とみなされる・・・これは好条件です。休憩時間は好きなことをしてもいいのですが、大抵の人はMY枕を持参して寝ていました。そんな中、喫煙者である私は一服タイムとして休憩時間を過ごします。

逆に「これはちょっと」と思ったのは、たびたび休日出勤があったこと。休日出勤を断ると、明らかに嫌な顔をされます・・・が、私は断り続けました(笑)

まとめ

今回のデータ入力という仕事、一般の「事務」からは相当かけ離れたものだと思います。しかし、これも立派なデスクワーク・・・いわゆる「事務」です。色々な種類があるからこそ、自分に合った「事務」を見つけてみましょう。また、色んな事務に挑戦できるのも派遣社員のいいところです。派遣社員という立場を活かし、色んな仕事に取り組んでみましょう。